サエラホームのこだわり

ログハウスのキットは、すべて日本の風土や文化に合わせ自社製造します。
日本、アジア、ヨーロッパ、北米まで発送可。「安心」をお届けします。

HOME > サエラホームのこだわり > RX-ログについて

RX-ログについて

割れる、反る、そんな無垢材の悩みを解決するラミネート加工

サエラホームのRX-ログは、すべてラミネートログです。
ひび割れ、反りといった、無垢材の特性をおさえると共に、セルフビルドがより簡単になり、長期的にはメンテナンスも楽になります。

取り扱いログの種類

角ログ

長方形の材を背合わせに圧着したものを角ログと呼びます。
2層、3層があります。

D型ログ

内側をフラットに、外壁をDのようなラウンド形状に加工したものをDログと呼びます。
丸太を組んだような重厚感のある外観と、フラットな室内壁で家具の背がピッタリ納まる使い勝手の良さをあわせ持つ形状といえます。

ラミネート加工とは

現在、世界のログはラミネートが主流になっています。生木の無垢材は必ず経年変化でヒビ割れ、歪み、ねじれが生じます、これは木の特性で仕方ありません。

しかしログハウスに住み、維持・管理する立場からすると厄介なことです。メンテナンスに多くの時間と費用をついやす結果になります。

これらのことから解放したのがラミネートログです。98度の温泉を乾燥室に張り巡らせ、2週間かけて含水率を14%~16%になるまで低温乾燥します。(自然乾燥ではできません)。
この低温乾燥によって木の本来持っている香り、風合いを残しながら木の特性を(歪み、ヒビ割れ、ねじれ)取り除きます。その後、性質の相反する方向でお互いを貼り合わせます。
このことで木の歪み、ねじれを相殺することができます。また、乾燥させることにより、木の水分が蒸発するとき発生するヒビ割れを防ぎます。これがラミネートログの特徴です。

この製法は、日本においても高級木造住宅の和室の柱梁等に集成材として多く使用されています。
よって、建築後のヒビ割れ、歪等の心配が少なくメンテナンスが殆ど掛かりません。

堅牢なログハウスを作る、卍ノッチについて

サエラホームは、様々な方向に対する負荷に対して非常に強い「卍ノッチ」を採用しております。

水漏れ、すきま風を防止し、耐震性、防火性等を高めます。

複雑かつ高度なログですが、サエラホームの世界トップレベルの技術力により、生産を可能にしました。

非常に堅牢に組まれるノッチです。

ダブルテーパー タング&グルーブ(Tongue&Groove)

ログとログを重ね合わせる実(サネ)部分の断面は非常に大きな意味を持っています。

この間隔の誤差と重ね合わせるグルーブとなる部分に工夫があるかないかで、気密性、水漏れ、すきま風、耐震性、防火性等に多大な影響を与えます。

弊社のダブルテーパー タング&グルーブ(Tongue&Groove)は、ログの経年変化が起きても、気密性、防水性、耐震性、防火性が失なわれず、また実(タング)がダブルテーパーになっているため、建物の加重によってタングとグルーブがダブルで密着する構造になっています。

PAGETOP