床暖房ってどう??

こんにちは。サラちゃんです。

今週から急に気温が下がって、師走感が増してきましたね 。 

そんな中、床暖房についてのお問合せが増えてまいりました。

今日は床暖房についてすこし触れてみたいと思います 。

 

冬の暖房器具というと、室内の空気を暖めるエアコンや電熱ヒーター、

石油ストーブなどが一般的ですが、天井に熱が集まる傾向にあるため、

室温が上がっても足元は冷えがちということがよくあります。

その点床を暖める床暖房は床からの暖気が上へ昇るため、設定温度を

控えても体感温度が暖かく感じる暖房である、と言われています。

また、空気を汚さないうえに乾燥も防いでくれるので、お肌や喉に

やさしい暖房方式ともいえます 。

 

その床暖房ですが、大きく分けて温水循環式と電気ヒーター式の

2種類があります。

温水循環式は、温水を配管によって床材の下を循環させて床材を加温。

対して電気ヒーター式は、床下に電熱シートを内蔵して温める

方式です。

 

そして、サエラホームがいま注目しているのがこれ。

  ↓↓↓↓↓

 

シートヒーターロール 床材敷設

 

最先端の遠赤外線発熱フィルムで出来た、フィルムヒーターです。

絶縁、難燃素材のベースフィルムにカーボンをプリントしたシートに

加工された、4層構造のシートヒーターです。

一般のヒーターと違って、フィルム全体に配置された炭素発熱体から

健康によい遠赤外線複写熱が発散され、まるで陽射しのような暖かさ

が感じられます。

 

生活スタイルに合わせた暖房器具で、この冬を健康的に乗り切りたい

ものですね。